子供にGPSを持たせてあげよう

お子さんを不審者から守るために、子供用GPSを用意してあげましょう。お子さんがどこにいるのかスマホで気軽に確認できるタイプがあり、高性能な機種だと2分や3分などの短時間ごとに確認できます。子供にGPSを持たせることで、寄り道をさせないための対策にもなります。両親に現在地を把握されていると認識すれば、知らない場所に行くことを避けるようになるはずです。

近年の高性能機器では、お子さんが登校した瞬間に知らせてくれるなど、行動パターンを詳細まで把握できるようになっています。いつもの時間に登校していないと判明した場合は、何らかのトラブルに巻き込まれていると判断できるわけです。またお子さんが意図的に登校をしていない可能性もあるでしょう。子供用GPSはお子さんと両親をつなぐためのツールとなります。

親子のコミュニケーションを円滑にし、会話を増やすためのきっかけにもなります。音声を送信できるタイプであれば、お子さんに直接話しかけることができるでしょう。テキストで伝えるよりも、音声のほうが強いインパクトを与えることができます。子供用GPSの精度は年々向上しており、お子さんの行動パターンに変化が生じたときは、音声で働きかけられるシステムなどが登場しています。

ほかにも不審者の情報を共有し、活用できるシステムも人気です。子供用GPSは必須ではありませんが、導入することでお子さんがトラブルに巻き込まれるリスクを確実に軽減できるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です